リニア開業に向けて変わる名古屋駅(駅東編)

名古屋駅
Change the NAGOYA

前回記事の続きです。

名古屋駅東口でも柵が設けられ工事が始まっています。

中央新幹線建設の準備工事だそうで内容は電気工事となっています。

右手に少し見えるのは「東洋ビル」

囲いが組まれ解体工事が始まっています。

個人的な話ですが、東洋ビルのドトールにはお世話になったものです。

横断歩道を渡り東へ進みます。

交通ビルが解体されていました。

跡地には「東洋ビル」に隣接した「名古屋駅前モンブランホテル」の代替地となっています。

現地より:イメージパース
現地より:建築計画の概要

交通ビル裏へ回り込みます。

先ほどの「名古屋駅前モンブランホテル」横に雑居ビルが建設予定。

私はこの辺りで呆れかえってしまいました。

リニア建設の代替地として場所を提供することは理解ができますが

せっかくの一等地をまた雑居ビルで埋め尽くしては何の意味もありません。

名古屋市の掲げるビジョンを進めるためにも名古屋市が積極的に先導していかなければならない気がします。

リニア中央新幹線を降りた先は「栄」でも「伏見」でもなく「名駅」なのです。

都市の顔としてあるべき姿はいかがなものかしっかりと考えるべきです。

歩みを進めます。

「東洋ビル」裏手側です。右に見えているのが既存の「名古屋駅前モンブランホテル」

少しづつですが買収も進んでいるようです。

周辺の再開発では「三井北館」や「三交ビル」等が建設されていますが、また後日記事にしたいと思います。

再度になりますが、将来の名古屋がこんなものかと思われないようにインパクトのある再開発を期待します。

タイトルとURLをコピーしました