リニア開業に向けて変わる名古屋駅(駅西編)

名古屋駅
Change the NAGOYA

2027年の開業を予定するリニア中央新幹線。

工事は地表部から掘り下げていく開削工法で行われる予定となっています。

今回は、用地買収が進む名古屋駅西をレポートしたいと思います。

リニア中央新幹線名古屋駅は、正面に見えるJRゲートタワーより直線状に建設されます。

右手に少し見えていたのは「ホテル・ルウエスト名古屋」

その奥に見える雑居ビルも複数移転済み。バリケードをしてある店舗もあります。

椿神社周辺です。この辺りは特に空き地が良く目立つようになりました。

おなじみの「JR東海 管理地」の札がかかっています。

その奥には新しく「R&Bホテル」が開業しています。

ここまで順調そうに見える用地買収ですが、遅れが出ているそう。

18年度末完了予定を駅西で19年度末、駅東で20年度末と1~2年延長しています。

引用元:リニア用地買収に遅れ、名古屋 (共同通信社)

https://this.kiji.is/450278981478810721?c=39546741839462401

引き返して名古屋駅へ。

名古屋駅前は工事塀で囲まれ、大規模な工事が進んでいることが分かります。

http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/page/0000113726.html(引用:名古屋駅駅前広場再整備プラン)

遅れているとはいえ、進んでいることは確か。

それよりも懸念しなければならないのが周辺の再開発。

名古屋市の掲げる未来の名古屋のためにインパクトのある再開発を期待したい所。

次回は周辺の再開発も含め「駅東編」をお届けできればと思います。

タイトルとURLをコピーしました