名古屋三交ビルの建設状況

三交ビル

名古屋三交ビルは名古屋駅前桜通沿いに建設される高層ビルです。

名古屋駅から徒歩10分ほどと利便性も良く、また地下へも接続され、国際センターまで繋がります。

物件名名古屋三交ビル
所在地名古屋市中村区名駅3丁目21番7号
用地面積1,229.03㎡
延床面積10486.68㎡
規模地上16階/地下1階
最高高さ73.85m
構造鉄骨造
設計竹中工務店
施工竹中工務店
スケジュール2018年6月 着工
2020年6月 竣工(予定)

桜通側から見た三交ビルの様子。

白のカーテンウォールが上部まで設置され、一部ではガラス材のはめ込みがが始まっている。

サイド部分はまだ取り付けが始まっていない様子。

新たな三交ビルのフロア構成は1階に店舗、2~7階にはオフィス、8~16階にはビジネスホテルが入ります。

また、ビジネスホテルには㈱三交インが運営するワンランク上の「三交インGrande」が入ります。

裏側から撮影。

1階店舗には名古屋初進出となる松阪肉を提供する飲食店「すき焼き牛しゃぶ 松重」や名古屋の老舗カフェ「株式会社サンモリッツ&東京青山山口ハスビーンズ」が提供する初業態のコーヒースタンドが出店します。

イメージパース

三交ビルは6月竣工予定。

新たな地域の拠点として賑わいをもたらしてくれることを期待します。

タイトルとURLをコピーしました